地震の基礎知識|地震を予測することができるシステムを導入

地震の基礎知識

防災グッズ

地震について

地震というのは、主に2種類あります。その2種類というのが、プレート型のものと直下型のものになります。まずプレート型というのは、プレート同士がぶつかり合って、その結果歪みが生じてしまうのです。その歪みがずれることによってプレートが反発してしまい、地震が起きてしまうのです。このプレート型の地震の場合は、大きな震度が予想され、大きな津波をもたらす場合があるのです。そのため、地震だけでなく津波にも気を付ける必要あるのです。そして、もう一つの直下型の場合は、活断層のズレによって起きてしまうケースになります。その直下型というのは、自分たちの住む地域の下で起きてしまう可能性があり、その震源の距離が近い場合には部分的に強い揺れが生じる場合もあるのです。この2つのタイプの地震は、それぞれに異なった特徴があります。プレート型の場合は、最初小さな縦揺れが起き、その後ゆっくりとした大きな横揺れとなります。揺れる時間に関しては数分間揺れ続けるのです。一方の直下型の場合は、突然大きな縦揺れが生じます。時間は、短く1分もしない程度で揺れはおさまります。最近では、地震の前兆や予兆を察知することができるシステムがあります。そのシステムを使うことによって地震を予測することができるのです。

地震が多い理由

地震はプレートの歪みによって生じます。日本列島は世界の中でも最も珍しい4つのプレートが重なり合っている場所なのです。そのため、世界の中でも地震が多い国になります。特にプレートの境界線は、数年周期で移動が起こり、その際にプレートが反発し合うことで地震が繰り返し起きてしまうのです。さらに日本には活断層も数多くあります。活断層というのは、地球の表面上にある傷となります。その断層が地震によって崩れることによって、地震はさらに大きくなるのです。

マグニチュードについて

マグニチュードは地震のスケールを表示するものになります。強い揺れを感じるほど、マグニチュードというのは大きくなります。震度とマグニチュードを同じと考えている方が多くいますが、意味は全く異なるものなので覚えておきましょう。また、地震が起きた距離によって体感する揺れというのは異なります。もし、地震が起きた場所が遠い場合は、マグニチュードが大きくても感じる揺れが小さいという場合があるのです。そして、地震の起きた場所が地表に近ければ近い程、感じる揺れはマグニチュードの揺れよりも大きくなるのです。

トラフとは

地震が多く起こるに日本では、トラフという言葉を最近聞くようになりました。トラフというのは、海底にある深い溝のことをいい、このトラフが日本列島に沿ってあるのです。そのため、トラフに沿って地震が起きた場合には、通常の地震よりも被害が大きくなります。日本は地震大国なので、生活の際には防災対策をしっかりする必要があるでしょう。

地震が起きる流れについて

プレートの移動

実際にプレートは毎年少しずつ動いています。プレートというのは常に重なり合っている状態で、密接の関係にあるのです。地震の起きる原因というのはプレートの移動によって起きます。

プレートとプレートがぶつかる

プレートというのは、硬い岩みたいなもので移動することによってプレートとプレートがぶつかり、押し合う関係になります。そして、その押し合いに耐えられなくなってしまい、反発する動きが働きます。

地震が発生する

プレートは限界が来て反発することによって、揺れが生じます。そして、その揺れが地表に伝わることで地震が発生するのです。地震の大きさに関しては、地震が起きた地表からの距離によって異なるのです。